0120-874-849

24時間365日 ご相談・お見積り無料(携帯可)
貴志祐介 著『硝子のハンマー』 第58回日本推理作家協会賞受賞作

探偵

防犯探偵シリーズ 第一弾 『硝子のハンマー』

貴志祐介 著『硝子のハンマー』 第58回日本推理作家協会賞受賞作

貴志祐介 著『硝子のハンマー』
第58回日本推理作家協会賞受賞作

 

《あらすじ》
日曜日の昼下がり、株式上場を間近に控えた介護サービス会社で、社長の撲殺死体が発見された。エレベーターには暗証番号、廊下には監視カメラ、窓には強化ガラス。オフィスは厳重なセキュリティを誇っていた。監視カメラには誰も映っておらず、続き扉の向こう側で仮眠をとっていた専務が逮捕されて……。弁護士・青砥純子と防犯コンサルタント・榎本径のコンビが、難攻不落の密室の謎に挑む。
防犯探偵・榎本シリーズの1作目。

 

このミステリー小説の最大の魅力は、なんといっても防犯のプロであり現役の泥棒でもある榎本径が、防犯の専門知識と泥棒として鍛えてきた観察力と身体能力を武器に監視カメラや施錠された部屋で起きた密室殺人のトリックを論理的かつ物理的思考により攻略していくというアイデアにある。

この防犯探偵・榎本のキャラクターは著者 貴志祐介氏が自宅の防犯対策のために話を聞いた鍵屋がモデルで、その時のピッキングやセキュリティ情報が面白くこのシリーズに生かされたそうである。

 

序盤は防犯探偵・榎本がワトソン役の弁護士・青砥純子と密室トリックに挑み、別解をつぶしていく話で、ひとつひとつの可能性を圧倒的なディテールで丹念に検討と実証を繰り返すことによって密室の完璧さがより際立っていく。

また、天然ボケの青砥弁護士と探偵・榎本のかけ合いも面白く、2人のコンビも愉快で可笑しい。

後半は一転、犯人側の視点で語られる倒叙ものとなり、犯人の生い立ちから犯行に至るまでの経緯が切なくドラマチックでグッと引きこまれる。

 
犯罪の背景にあるドラマを楽しみながら、最期に謎が解かれる構成がお見事!

圧巻のトリックと豊富な情報量で密度の高い本格ミステリーを味わえる激賞本です👌

 

 

 

あの人を探してほしい・・・・

知りたい事がある・・・・

 

探偵 ガルエージェンシー西神奈川にご相談ください  (*´∀`)
 

神奈川県、厚木市、愛川町、清川村、伊勢原市、秦野市、海老名市、相模原市、座間市、藤沢市、大和市、綾瀬市、平塚市、寒川町、茅ヶ崎市、南足柄市、大磯町、二宮町、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町、横浜市(鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区、港南区、保土ケ谷区、旭区、磯子区、金沢区、港北区、緑区、青葉区、都筑区、戸塚区、栄区、泉区、瀬谷区)、川崎市(麻生区、多摩区、宮前区、高津区、中原区、幸区、川崎区)、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、町田市、八王子市、多摩市、調布市、相模原の探偵、浮気調査はガルエージェンシー西神奈川へ

-探偵
-, , , , , , , ,

© 2021 総合探偵社ガルエージェンシー西神奈川