0120-874-849

24時間365日 ご相談・お見積り無料(携帯可)
佐藤究 著『テスカトリポカ』 第165回 直木賞 第34回 山本周五郎賞 受賞作

探偵

『 テスカトリポカ 』

佐藤究 著『テスカトリポカ』 第165回 直木賞 第34回 山本周五郎賞 受賞作

佐藤究 著『テスカトリポカ』
第165回 直木賞 第34回 山本周五郎賞 受賞作

 

《あらすじ》
メキシコで麻薬密売組織の抗争があり、組織を牛耳るカサソラ四兄弟のうち三人は殺された。生き残った三男のバルミロは、追手から逃れて海を渡りインドネシアのジャカルタに潜伏、その地の裏社会で麻薬により身を持ち崩した日本人医師・末永と出会う。バルミロと末永は日本に渡り、川崎でならず者たちを集めて「心臓密売」ビジネスを立ち上げる。一方、麻薬組織から逃れて日本にやってきたメキシコ人の母と日本人の父の間に生まれた少年コシモは公的な教育をほとんど受けないまま育ち、重大事件を起こして少年院へと送られる。やがて、アステカの神々に導かれるように、バルミロとコシモは邂逅する。

 

 

ものすごい迫力と半端ない求心力で、あっという間の553頁だった!

まずこの本を読む前にお勧めしたいことがある。それはNetflixオリジナルシリーズの『ナルコス』を見て、麻薬カルテルの極悪非道ぶりを知ること、である。

NARCOS

NARCOS

この本を手にしたのは、このドラマを見たあとだったので、“バルミロ”の猟奇的な行動に眼を背けずに、ど迫力のエンタメとして夢中になることができた。

メキシコやコロンビアの麻薬カルテルの恐ろしさときたら、日本の暴力団の比ではない。
もともと麻薬を売っても製造まではしないところにも現れている。

次に心臓密売のくだりは、カズオイシグロの『わたしを離さないで』(never let me go)のエッセンスも入っているように感じた。(内容書くとネタバレバレになるので気になる方は検索を)

ストーリーは全体的にハードコアで、呼吸も荒くなるシーンが多々あるが、
麻薬密売と臓器売買にアステカ神話をうまく融合させ、登場人物はほとんどが悪党なのに魅力的にみせる筆致がなんといっても素晴らしかった。

舞台となった川崎の東扇島に行って感慨に浸りたい。

川崎港のシンボル『川崎マリエン』

川崎港のシンボル『川崎マリエン』

 

余談ですが…
なぜこんなにもハードコアな内容が直木賞を取ったのか?
林真理子氏と宮部みゆき氏が猛プッシュしたそうです(喜)‼︎

 

 

あの人を探してほしい・・・・

知りたい事がある・・・・

 

探偵 ガルエージェンシー西神奈川にご相談ください  (*´∀`)

神奈川県、厚木市、愛川町、清川村、伊勢原市、秦野市、海老名市、相模原市、座間市、藤沢市、大和市、綾瀬市、平塚市、寒川町、茅ヶ崎市、南足柄市、大磯町、二宮町、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町、横浜市(鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区、港南区、保土ケ谷区、旭区、磯子区、金沢区、港北区、緑区、青葉区、都筑区、戸塚区、栄区、泉区、瀬谷区)、川崎市(麻生区、多摩区、宮前区、高津区、中原区、幸区、川崎区)、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、町田市、八王子市、多摩市、調布市、秦野の探偵、浮気調査はガルエージェンシー西神奈川へ

-探偵
-, , , , , , , ,

© 2021 総合探偵社ガルエージェンシー西神奈川