「総合探偵社ガルエージェンシー西神奈川」です。浮気調査/行方調査/信用調査/他調査全般 厚木市、平塚市、相模原市、伊勢原市、秦野市、海老名市、横浜市、小田原市、他神奈川県内をはじめ、都内、全国に対応

神奈川の女探偵|探偵社ガルエージェンシー西神奈川【神奈川県・厚木・相模原・平塚・秦野】

ガルエージェンシー西神奈川TEL
ガルエージェンシー西神奈川TEL
ガルエージェンシー西神奈川メール問合せ

『貴志祐介著/青の炎』

『貴志祐介著/青の炎』

『貴志祐介著/青の炎』

 

『貴志祐介著/青の炎』は、普通の高校生だった秀一が、母の元再婚相手の曾根の存在をきっかけに一歩、また一歩と道を踏み外していくさまを描いた衝撃的なストーリー。
神奈川県藤沢市の鵠沼が舞台で、周辺の湘南海岸、由比ヶ浜、江ノ島、鎌倉などの情景描写は爽やかで心地良い。
 
この本は『倒叙ミステリー』というジャンルで、私の最も好きなジャンルになります。
普通のミステリーは、まず事件が起こり、警察や探偵が捜査に乗り出し、事件を解決します。
これに対して、倒叙ものでは、最初に犯人が完全犯罪を計画して手の内を明かし、それを実行し成功したように見えた時点で、警察や探偵が捜査を開始して犯行を暴き、事件を解決する、というものになります。
この倒叙ミステリーの魅力は、犯人の心理描写が緻密に表されることで、激しく感情移入させられる点と、「綿密な犯行計画」がなぜ失敗してしまったのか、「どこで犯人はミスをしたのか?」という完全犯罪が崩れ去ってしまうというプロセスも面白く、更に終盤で犯人が追い詰められていくくだりでは、完全に没我の境地に達するまでに入り込めるところです。
 
 
『青の炎』は青春小説の要素もあり、胸が締め付けられるくらい感情移入させられてしまうこと請け合いです。
ぜひご一読を🍁
 
 
神奈川県、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、寒川町、横浜市、鎌倉市、横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町、川崎市、町田市、八王子市、多摩市、調布市、相模原市、座間市、大和市、綾瀬市、海老名市、厚木市の探偵、浮気調査はガルエージェンシー西神奈川へ
あの人を探してほしい・・・・

知りたい事がある・・・・

 探偵 ガルエージェンシー西神奈川にご相談ください  (*´∀`)


ページTOPへ